巌流島 » システム » デッキ » 四神戦用デッキ

四神戦用デッキ

合戦で戦ったとしても、いつもコテンパンに叩きのめされてしまうような他県の強豪プレイヤー達が、四神戦では強力な味方として加勢してくれます。

そのため、プレイヤー層が薄くてなかなか合戦に勝てない県のプレイヤーでも、四神戦では普段とは趣が違い楽しめる機会も増えるかと思います。

四神戦の前身イベントであった龍神杯、さらに龍神杯の前身イベントであった争奪戦でも、デッキの働きは四神戦と同様であったので、イベント名が変わっても基本的なデッキの組み方は昔から大きくは変わっていません。

ここでは四神戦で使用するデッキについて解説します。

攻撃デッキ

四神戦での獲得功績は最大攻撃力に依存するために、攻撃においては最大攻撃力の最も高いデッキで攻撃した方が、イベントの功績をより多く得られます。

もちろん、健闘してしまっては獲得功績が大きく減ってしまうため、攻撃が通りにくいが防御デッキランダムを使用していないような相手を攻撃する必要があるときは、『タイプ伝承・武人・姫の攻85%DOWN』のような隊士を揃えた系統DOWN特化攻撃デッキを使用するなど、ケースバイケースで攻撃デッキを切り替えることはあります。

せっかく合戦薬を大量につかうのだからと、スキル上げデッキで攻撃したくなりがちですが、四神戦ではスキル上げするためのイベントではないと割り切って、思う存分自分のデッキの強さを堪能しましょう。

もっとも、攻撃が通る相手と全然対戦できないような強さの方などにおかれましては、どうせ攻撃が軒並み健闘するならスキル上げを選んだほうが、むしろ時間と当日薬を有効に使えていると言えるかもしれませんが。

防御デッキ

四神戦では、防御デッキは戦神リーグで使用している、いわゆる『ガチデッキ』を常時使用することになります。

とは言っても四神戦では、戦技のデパートのような強豪プレイヤーが攻撃対象に選ばれることはまずないので、タイマンな状況以外は防御デッキを頑張っても頑張らなくても一緒なのかもしれません。

攻撃を貰ったときの戦技ゲージの回復量の多さを考えると、そのような強豪プレイヤーにとってみれば、むしろ防御する気ゼロのサービス防御デッキにして、少しでも攻撃を貰って戦技ゲージを回復するという戦略もアリなのかもしれません。

\この記事をSNSでシェア!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × one =