巌流島 » システム » デッキ » 天下統一戦用デッキ

天下統一戦用デッキ

現在ではレギュラーイベントとして扱われておらず、廃止されたかと思われていた天下統一戦ですが、2021年末に県合戦GPが開催されなかった代わりに天下統一戦が開催されたため、今後も年末のイベントとして開催されるかもしれません。

ここでは、天下統一戦で使用するデッキについてご紹介します。

攻撃デッキ

獲得功績は攻撃デッキの基本攻撃力に依存するため、こちらの攻撃が健闘しない状況の相手なら、最大攻撃力重視のデッキよりも、実はおすすめデッキを使用したほうが獲得できる功績は多いのです。

さらに言えば獲得功績は攻撃メインデッキの基本攻撃力のみに依存するため、サブデッキや召喚デッキはスキル上げに使うこともできます。ただ、一般的には極力攻撃を健闘にしないためにも、サブデッキはできるだけ最大攻撃力を重視したセットにした方が無難でしょう。召喚デッキについては、いつもの攻撃ガチデッキを作る要領と同じような感じでセットすればよいでしょう。

健闘になっては獲得功績が極端に減るために、攻撃相手が汗をかくまでは戦神リーグで使用するような最大攻撃力重視のガチデッキで攻撃して健闘を避け、汗をかいて健闘の心配が無くなったら天下統一戦用に調整したメインデッキの基本攻撃力重視のデッキに変更して攻撃する、というのが実際の攻撃デッキの運用になると思います。

攻撃デッキの希石について

攻撃メインデッキの希石については、獲得功績に対して効果を発揮しないので注意してください。

そのため、天下統一戦で獲得功績の効率が最大になる攻撃デッキを作成する場合は、希石を全て外した状態で基本攻撃力が最大になるように作る必要があります。

ただ、極力攻撃を健闘させないという観点においては希石の有用性は存在するので、希石無しでも攻メインデッキに入る他地方隊士については、もちろん後から希石は付けられるなら付けた方がよいです。

なので、攻撃力順を分かりやすくするために希石を付けないでデッキを作った後は、改めて付けられる隊士には希石を付けましょう。

基本攻撃力重視というからには、おすすめデッキをコピーして天下統一戦用に調整したくなるところです。しかし、おすすめデッキのメインデッキの中に希石を付けた隊士がある場合には、隊士の純粋な攻撃力順が非常に分かりにくくなります。

大抵のケースにおいて、おすすめデッキに頼らないで一からデッキを作った方がシンプルで手っ取り早くなるために、天下統一戦用の攻撃デッキを作る際には、新規登録により一から作ることをお勧めします。

防御デッキ

天下統一戦では、防御デッキは戦神リーグで使用している、いわゆる『ガチデッキ』を常時使用することになります。

当然、攻撃してくる相手の攻撃デッキの系統が一定でないため、戦神リーグと同様に『タイプ伝承・武人・姫の攻85%DOWN』のような系統特化の攻DOWN隊士は有用ではありません。

強敵を相手にすることも多いので、できればDOWN隊士を使いたいところですが、防御デッキではやはり戦神リーグと同様に、1/3程度の割合でしか仕事をしてくれない系統特化の攻DOWN隊士よりも、最強DOWN隊士のような地方DOWNの方が1/2程度の割合で仕事をしてくれるだけまだ有用です。

ただ、地方戦に限っては自地方のプレイヤーしかいないため、最強DOWN隊士の『所属が【○日本】と、それに属する地方・県、および【全国】の攻xx%DOWN』をほぼ完璧に狙って効かせることができます。これについては、最強DOWN隊士を一通り揃えているような古参プレイヤーは覚えておいた方がよいでしょう。

\この記事をSNSでシェア!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four + 2 =